※クリスマス用品は季節商品につき「11月中旬〜12月25日」まで販売いたします。 
※大型商品は配送の都合上、お届けまでに「約10日間」を要することもあります。 
※商品は当店、及び当店の仕入先の在庫商品を掲載させていただいております。
※在庫状況は流動的ですので、在庫を切らしている場合はご了承をお願いします
【希望の国】各シリーズヘ移動:季節を先取り・なつかし玩具イ・なつかし玩具ロ・季節用品A・季節用品B・写真デジタル
                  スポーツ用品・ジュース自動販売機・お買い得品・ヤマト運輸・ひな人形・
花火5月人形
発売元: 180×85cm 発売元: 180×85cm 発売元: 180×85cm
品名:クリスタルファイバーツリーセット
   (ピンクオーナメント、LEDライト付)
品名:クリスタルファイバーツリーセット
   (ブルーオーナメント、LEDライト付)
品名:クリスタルファイバーツリー
   (ブルー、LEDライト付)
発注番号:CL-01 \45,000 発注番号:CL-02 \38,000 発注番号:CL-03 \29,000
備考:210×105cm=\58,000
     (LEDライト付)
備考:210×105cm=\48,000
     (LEDライト付)
備考:210×105cm=\39,000
     (LEDライト付)
発売元: 180×70cm 発売元: 165×68cm 発売元: 195×103cm
品名:マルチビッグファイバーツリーセット
   (LEDライト付)
品名:ファイバーツリーレッドホワイト
   (LEDライト付)
品名ポップアップツリー レッド
   オーナメントセット、100球付
発注番号:CL-04 \37,000 発注番号:CL-05 \35,000 発注番号:CL-06 \26,000
備考:210×84cm=\41,000
     (LEDライト付)

   240×90cm=\48,000
     (LEDライト付)
備考:グリーン165×68cm=\35,000
     (LEDライト付)

     コパー165×68cm=\35,000
     (LEDライト付)
備考:145×70cm=\14,000
    クリアライト 30球付
    170×80cm=\19,000
    クリアライト 50球付
 LED(Light Emitting Diode=光・出す・電子素子=発光ダイオード)について
 半導体に数ボルトの小電圧を一定方向に加えることによって発光させる技術で、消費電力が少なく、発熱もほとんど無く、構造が簡単なで大量生産が利き、故障も少ないという特色を持つため、近年は白熱電球や蛍光灯にとって代わってこのLED電球が一般市場に出回ってきています。   LEDチップにインジウム(黄系色)、アルミニウム(赤系色)、窒化ガリウム(青)、リン(黄・緑系色)などを加えることによって放出(エレクトロ・ルミネセンス)される波長が異なる性質を利用して様々な色を表現します。 特に青色は開発が難しいと言われていましたが、1993年に徳島県の日亜化学工業により開発されて、色の三原色が揃い、信号機やディスプレイモニター、電飾・装飾電気など多方面への利用が可能になりました。
発売元: 直径80cm 発売元: 直径80cm 発売元: 直径50cm
品名:クリスマスリースセット ゴールド 品名:クリスマスリースセット レッド 品名:グリーン リース
発注番号:CL-07 \17,000 発注番号:CL-08 \17,000 発注番号:CL-09 \3,500
備考:オーナメント取付けは未 備考:オーナメント取付けは未 備考:ホワイトリース(50cm) \4,000
発売元: 270cm 発売元: 180cm 発売元: W210×H240cm
品名:ホワイトガーランド セット 品名:スワッグ ガーランド 品名:アーチツリー 大サイズ
発注番号:CL-10 \9,000 発注番号:CL-11 \2,700 発注番号:CL-12 \37,000
備考:オーナメント (上)ゴールド
 (中)ブルー  (下)ピンク 中央部21cm
備考:(上)グリーン  (下)ホワイト
     中央部太さ約25cm
備考:小サイズW135×H230cm \26,000
      
直径45cm、6分割組立式
発売元: 高20cm 発売元: 25×15×22cm 発売元: 100球〜
品名:デコレーション ライトツリー 青・赤 品名:ファイバー デコレーション トレイン 品名:LED イルミネーション 各種
発注番号:CL-13 各\1,800 発注番号:CL-14 \2,500 発注番号:CL-15 \4,500〜
備考:ACアダプター付 備考:ACアダプター付 備考:緑・赤・青・白・ピンク各色
発売元: タペストリー 発売元: タペストリー 発売元: タペストリー
品名:樹氷 スクリーン 品名:ホーリーナイト 品名:雪 景 色
発注番号:CL-16 \4,200 発注番号:CL-17 \4,900 発注番号:CL-18 \3,800
備考:H180×W90cm 備考:H180×W90cm 備考:H180×W90cm
発売元:フジカ 火薬不使用 発売元:フジカ 火薬不使用 発売元: 星花火
品名:3色仕掛け エンゼルファイア 品名:ファンタジック ストーリー 品名:ゴールドスパークラー 焚昇
発注番号:CL-19 \300 発注番号:CL-20 各\300 発注番号:CL-21 \500
備考:1ヶ所点火で連続着火
   年間販売(各種パーティ用)
備考:水に浮かべて楽しめる
   年間販売(各種パーティ用)
備考:煙の少ない星花火、ケーキにアイスに
   年間販売(各種パーティ用)
発売元:フジカ パーティクラッカー 発売元:カネコ パーティクラッカー 発売元:フジカ パーティクラッカー
品名:ホイルスパーク クラッカー 品名:罰ゲームクラッカー(天罰札入) 品名:スーパー クラッカー
発注番号:CL-22 10個\330 発注番号:CL-23 5個\200 発注番号:CL-24 各\300
備考:5色10個入、2m紙テープ入
   年間販売(各種パーティ用)
備考:札の内容はパーティー用品参照
   年間販売(各種パーティ用)
備考:30〜70本のテープが飛び出す。
 
年間販売(各種パーティ用)
発売元:ハナヤマ 10枚入 発売元:エンゼル 30枚入 発売元:
品名:デジビンゴ 品名:ビンゴゲームセット 品名:ドッキリ痛(イタ)ガム
発注番号:CL-25 \1,980 発注番号:CL-296 \680 発注番号:CL-27 \100
備考:音と数字とイルミネーション
   年間販売
(各種パーティ用)
備考:丸型75枚がビンゴ機の代用に
   年間販売
(各種パーティ用)
備考:緑・青の2色
   年間販売(各種パーティ用)

上をクリックして
プレゼントを探してください

上をクリックして
プレゼントを探してください

上をクリックして
プレゼントを探してください
品名:男性向けプレゼント好適品 品名:女性向けプレゼント好適品 品名:各種プレゼント好適品
発注番号:CL-28 各種 発注番号:CL-29 各種 発注番号:CL-30 各種
備考:プラモデル男児玩具
   
エアガン、ラジコンなど
備考:フアンシィグッズ女児玩具
    
アイドルパーテイグッズなど
備考:ベビー用品知育玩具
    
室内・TVゲームなど
【希望の国】各シリーズヘ移動:季節を先取り・なつかし玩具イ・なつかし玩具ロ・季節用品A・季節用品B・写真デジタル
                  スポーツ用品・ジュース自動販売機・お買い得品・ヤマト運輸・ひな人形・
花火5月人形

 クリスマスについて
  今は昔になりましたが、私たちの店でも12月に入ると「クリスマスプレゼント」の予約を多く受け賜り、23日・24日はそれなりに戦場と化したこともありました。 2週間も3週間も前からご予約をいただけるという事は、その時点ではすでに「お子さんの欲しい物」が把握されているという事です。 少なくともクリスマスプレゼントに関しては、この時点で親子間の情報がかなり一致し、合意が形成されている部分が多くあったという事でしょう。 
そのような雰囲気の中、子供達はサンタクロースを信じクリスマスイブを心待ちにします。  贈る側もその期待感を充分感じながら、イブを演出します。 こうして長い間サンタクロース神話は保たれてきました。  なかには「サンタクロースはお父さんなんだ」という子も当然いました。 しかしそれはサンタクロースなんていないと言う意見とは根本的に違います。  お父さんが一時的にファンタジーの世界の使者になって自分たちにプレゼントを持ってきてくれたと解釈するほうが解りやすい物言いでした。  私たち商品を提供する側でも、各ご家庭のそのようなストーリーの一翼に参加させて頂いているという充実感がありました。  
 それが、何時の頃からでしょう? 「サンタクロース」という言葉が聞けなくなり、「物よりお金の方が好い」「皆が持っているのが欲しい」「なかなか手に入らない物が欲しい」という声が圧倒しだしたのは・・・・。    それとともに、私たちのクリスマスにかける意気込みは徐々に萎えて来ました。  しかし、そうではない部分もまだまだ多く残っております。  子供会などの「お菓子のプレゼント」や「宝島商品券のプレゼント」、「ファンシィグッズの詰合せプレゼント」などです。 いずれも商品の選定にはかなりの長時間を要し、自分たちの子供の頃、または最近の子供たちの情報が乱れ飛びます。 そして、安心した表情でお店をあとにされます。 このようなシーンがある限り、私たちは「クリスマス」を、その由来とは多少かけ離れたとしても、大切なシーズン行事として扱い続けて行くことに意欲を持ち続けたいと思います。
 太平洋戦争敗戦後、我国には大変多くの欧米文化が入り込み、服飾・音楽をはじめ言葉や技術、さらには宗教行事に至るまで、世相・情景は大きく様変わりしました。 年の瀬の月に入ると間もなく、ビング・クロスビーやナット・キング・コールの滑らかな歌声とともに街にはクリスマスツリーが飾られ、イルミネーションが点滅します。 リズミカルできらびやかな雰囲気のなかにも、聖歌や冬の夜の凛とした落ち着きを見つけ、「幻想的」なひと時を味わいます。 大戦中「鬼畜米英」と敵愾心を燃やし、戦後も貝殻の中から欧米人を見ていたわが国の人達も、ゲーリー・クーパーの理知的で人間性に溢れる米国人の姿を見せられ、「うちのママは世界一」でファミリーを、「名犬ラッシー」で動物との触合いを、さらに「ホームアローン」と続く人間の絆に触れるドラマを見せられることによって、少しずつ溶解していった様が思い浮かびます。  なかでもクリスマスシーズンは英語と異文化に溢れ、いっそう「憧れと幻想」は拡大して行ったの
でしょう。 しかしそれは、わが国が「坂の上の雲」をまだ意識した時代の欧米文化に対する憧憬だったのでしょうか? 坂を上り詰め、さらには坂を見下ろすと意識する人たちも出てきたここしばらくは「自分たちの文化を認め、また異文化の良さも認め、その中から新しい文化を創り出していく」過程から少し逸脱し、いたずらに自分たちを主張しようとする片意地だけが目立つと感じるのは私たちだけでしょうか? わが国のシーズン祭事が「祈願・感謝・お祓い」など人々の生活に根ざした宗教行事として伝統的に受け継がれて来ているように、「クリスマス」も欧米における同様の伝統行事です。
 そこには「敬虔な祈りの後に晴れやかな感謝のお祭り」があります。 この「フォーマルとカジュアル」の絶妙のバランスのもとに、多くの世代が一緒になって祝うことが出来る行事であることに伝統の重みを感じます。
「クリスマス=Christmas=Cristes masse(キリスト・ミサ)」 

 キリスト教の降誕祭(生まれた日ではなく、洗礼・神性の出現の日)で1月6日とされていますが、2〜3世紀の頃古代ローマ帝国ではペルシャから伝わったミトラス教(太陽神)が帝国全域を席捲しており、キリスト教はまだ異教徒として弾圧されていました。 
4世紀に入ってまもなくコンスタンテイヌス帝が313年キリスト教を公認、この世紀をかけてミトラス教との攻防が続きます。 
392年にはテオドシウス帝により国教となりました。  この間為政者による融和策がとられ、ミトラス教の最大のお祭りである冬至祭(太陽の生誕日、農業神への収穫祭)が12月25日であったので、この日をキリストの生誕日と強引に結びつけてしまったのが実態のようです。  そして6世紀になるとキリスト教は北方のゲルマン民族の国々に伝播し、やはり以前からあった冬至の風習(パンや飲み物を準備して先祖の霊を迎える儀式)と合わさって、「ソリやトナカイ」「もみの木のツリー」「雪のホワイトクリスマス」などのクリスマス風景に結びついて行きます。
「サンタクロース=Saint Nicholas」 
 4世紀に東ローマ帝国小アジアのミュラ(現在のトルコ)に実在したカトリック教会の司教セント・ニコラウスが貧しい貴族の娘の結婚資金が足らないことを聞きつけ、金貨の入った袋を煙突から投げ入れたところ、暖炉のそばに干してあった靴下の中に落ちたと言うお話が、北欧に伝わった際に、空を翔る神様などの土着の神話とも結びつき、17世紀になってオランダ人によってアメリカに渡り、サンタクロースとなりました。 当時はカトリック教会の赤い祭服を着た司祭姿でしたが、清涼飲料水会社の広告等により次第に現在のサンタクロース像になりました
「クリスマスツリー=常緑樹=樅ノ木」
 
キリスト教発祥の地はイスラエルのエルサレム(北緯31.5度≒鹿児島市)、ついでローマ(41.5度≒函館市)帝国で国教になり、北進してドイツ(ベルリン52.3度>日本最北端の宗谷岬45.3度)イギリス(ロンドン51.3度)スウェーデン(ストックホルム59.2度)と伝播しました。   やがてニューヨーク(北緯40.5度)に一般祭事としてのクリスマスが伝わりますが、緯度から見ると「北国」そのものです。 冬の季節は雪と氷に閉ざされ、備蓄した木を燃やして暖炉のそばで多くの時間を費やします。 真っ白に覆われた景色の中で緑の葉を失わない常緑樹は、生きているという・少ない陽光は恵みという・実感を与えたに違いありません。 そうして、だんだん陽光が増えてくる冬至の季節があり、樅ノ木に宿る小人が力を与えてくれる伝説が生まれ、柊の魔よけを祈願したクリスマスリースの伝統が生まれました。
 こうして見てくるとシーズン季節の祭事の本質は世界中なんと似た経緯があるのでしょう。  気候・風土によりその表現はまちまちですが「自然に感謝して、健康を祈願して、そして幸せを願って、折々に催してきた祭事」それは私たち人間がそれぞれ単独で生きているのではなく、自然と調和し、先祖も含む周りの人達と調和して生きてきたことの証であるように思われます。