〔非売品〕
【トミカ誕生記念コレクション2002】

☆ニッサン ブルーバードU1800SSS-E
☆トヨタ コロナ2000GT
☆ホンダ シビックGL
☆トヨタ コロナマークUL
☆ニッサン シルビアLSタイプX
☆マツダ コスモAPリミテッド
(6台1セット)ディスプレイケース入

※商品は当店、及び当店の仕入先の在庫商品を掲載させていただいております。
※在庫状況は流動的ですので、在庫を切らしている場合はご了承をお願いします
【冒険の国】の他シリーズヘ移動:【国について】・情景船舶航空機機関車自動車A戦闘車キャラクターラジコン
                    部品その他リアルフィギュアガシャポンキャラクターグッズエアガンガン用品冒険用品
発売元:タカラトミー トミカ ギフトセット 発売元:タカラトミー トミカ ギフトセット 発売元:タカラトミー トミカ ギフトセット
商品名:緊急車両セット 5 商品名:緊急車両 現場に急行せよ 商品名:建設車両セット 4
発注番号DG-01 \1,800 発注番号DG-02 \1,800 発注番号DG-03 \1,800
備考:☆日野デュトロ クレーン付きトラック
    ☆スバル レガシィ パトカー
    ☆トヨタ ハイメディック 救急車
    ☆ウォーター カツター車
    (4台1セット)
備考:☆パトカー
   ☆捜査用車
   ☆遊撃車
   ☆白バイ   ☆黒バイ
    (5台1セット)
備考:☆日産ディーゼル ビックサム 建機運搬車
    ☆コマツ ブルドーザーD85PX
    ☆ススキ キャリィ
    ☆コマツ 油圧ショベルPC200 リフマグ

    (4台1セット)
発売元:タカラトミー トミカ ギフトセット 発売元:タカラトミー 懐かしのトミカ 発売元:タカラトミー トミカワールド
商品名:DVDつきトミカ 
       はじめてセット
商品名:左:38マツダ コスモL リミテッド
     右:33トヨタ セリカ LB 2000GT
商品名:DXおでかけ立体マップ 
発注番号DG-04 \2,200 発注番号DG-05 各\600 発注番号DG-06 \4,980
備考:☆日産 マーチ
    ☆トヨタ プリウスα
    ☆オートシャッター ガレージ
    ☆DVD
備考:左:2は1975年版カタログ付
    右:6は1976年版カタログ付
 
※’75(昭和50年)当時は220円でした。
備考:☆レバー可動式立体パーキング
    ☆地下パーキング
    ☆立体マップ展開
   展開サイズ885×630×225ミリ
発売元:タカラトミー トミカ 発売元:タカラトミー トミカ 発売元:タカラトミー トミカ
商品名: 高級乗用車 各種 商品名:ワンBOXタイプ車 各種 商品名:国産スポーツカー 各種
発注番号:DG-10 各1台¥450 発注番号:DG-11 各1台¥450 発注番号:DG-12 各1台¥450
備考:上左 8-日産 シーマ
    上右93-トヨタ カムリ
    下左94-日産GT-R
    下右115-ベントレー コンチネンタルGT
備考:上左78-トヨタ アルファード
    上右88-日産 エルグランド
    下左99-日産 セレナ
    下右21-ホンダ ステツプワゴン
備考:上左55-日産 フェアレディZ ロードスター
    上右11-スバル インプレッサWRXST1
    下左39-三菱 ランサーエボX英国警察
    下右107-レクサスISFCCS-R
発売元:タカラトミー トミカ 発売元:タカラトミー トミカ 発売元:タカラトミー トミカ
商品名:大型パネルトラック車 各種 商品名:小型パネルトラック車 各種 商品名:各種作業車 各種
発注番号:DG-13 各1台¥450 発注番号:DG-14 各1台¥450 発注番号:DG-15 各1台¥450
備考:上左69-水族館トラック
    上右59-イスズエルフ 佐川急便
    下左49-ヤマザキ・パントラック
    下右77-日野ブロフイア
備考:上左67-スバルサンバー 郵便車(新)(旧)
    上右10-スバルサンバー パン屋
    下左116-スーパーアンビュラス
    下右35-スバルサンバー ラーメン屋
備考:上左45-トヨタ ダイナ清掃車
    上右53-日産ディーゼルクオン ミキサー車
    下左57-エネオス タンクローリー
    下右30-恐竜搬送車
発売元:タカラトミー トミカ 発売元:タカラトミー トミカ 発売元:タカラトミー トミカ
商品名:軍用・その他車両 各種 商品名:建設車両 各種 商品名:バイク・特殊車 各種
発注番号:DG-16 各1台¥450 発注番号:DG-17 各1台¥450 発注番号:DG-18 各1台¥450
備考:上左114-自衛隊 軽装甲機動車
    上右14-コマツ 対人地雷除去機
    下左15-ハマーH2
    下右38-機動救助車
備考:上左73-コベルコラフテレーン クレーン パンサー
   上右59-酒井重工業 タンデム振動ローラー
   下左 76-いすゞ ギガ ダンプカー
   下右65-日立建機 双腕作業機コスタ
備考:上左4-ホンダ 白バイ
    上右96-ヤマハYFZ450R
    下左66-ヤンマーコンバインAJ218
    下右70-トヨタ ジェネオハイブリッド
発売元:タカラトミー トミカ 発売元:タカラトミー トミカ 発売元:タカラトミー トミカ
商品名:バス 各種 商品名:その他車両 各種 商品名外車 スポーツカー 各種
発注番号:DG-19 各1台¥450 発注番号:DG-20 各1台¥450 発注番号:DG-21 各1台¥450
備考:上左1-三菱ふそうエアロクイーン
    上右72-三菱ふそうエアロスター
    下左95-ロンドンバス
    下右101-日野セレガ
備考:上左80-蒸気機関車C11
    上右51-トヨタ クラウン コンフォートタクシー
    下左26-東海大学ソーラーカー
    下右24-川崎重工BK117Cヘリコプター
備考:上左64-ポルシェ ボクスター
    上右5-シボレー コルベット
    下左104-ロータス エボーラGTE
    下右87-ランボルギーニアベンタLP700
発売元:タカラトミー モーターチョロQ 発売元:タカラトミー モーターチョロQ 発売元:タカラトミー モーターチョロQ
商品名:電動走行チョロQ ポンプ車 商品名:電動走行チョロQ クラウンパトカー 商品名:電動走行チョロQ トヨタ エスティマ
発注番号:DG-22 \780 発注番号:DG-23 \780 発注番号:DG-24 \780
備考:単5アルカリ乾電池使用 備考:単5アルカリ乾電池使用 備考:単5アルカリ乾電池使用
トヨタ自動車オリジナルプルバックカー 
   
発売元:トヨタエンタープライズ トヨタオリジナルプルバックカー 発売元:トヨタエンタープライズ トヨタオリジナルプルバックカー 発売元:トヨタエンタープライズ トヨタオリジナルプルバックカー
商品名:左-ラウンドクルーザー40(赤)
      右-ラウンドクルーザー40(黄)
商品名:左-トヨダAA型乗用車(黒)
      右-トヨダAA型乗用車(ベージュ)
商品名:左-アルテッツァ(黄)
      右-プリウスα(銀)
発注番号:DG-25 各\1,600 発注番号:DG-26 各\1,600 発注番号:DG-27 各\1,500
備考:本体サイズ 約11cm 備考:本体サイズ 約11cm 備考:本体サイズ 約11cm
発売元:トヨタエンタープライズ トヨタオリジナルプルバックカー 発売元:トヨタエンタープライズ トヨタオリジナルプルバックカー 発売元:トヨタエンタープライズ トヨタオリジナルプルバックカー
商品名:左-カローラレビンAE86(白)
      右-スープラ80(銀)
商品名:左-トヨタ アクア(黄)
      右-トヨタ 86(赤)
商品名:左-カローラトレノAE86(白)
      右-MR−2(紫)
発注番号:DG-28 各\1,500 発注番号:DG-29 各\1,500 発注番号:DG-30 各\1,500
備考:本体サイズ 約11cm 備考:本体サイズ 約11cm 備考:本体サイズ 約11cm
 トヨタ自動車オリジナルプルバックカー 
発売元:T。W。C 1/72:ケース入 発売元:T。W。C 1/72:ケース入 発売元:T。W。C 1/72:ケース入
商品名:ダイキャスト ミニスポーツカー 商品名:ダイキャスト ミニオープンカー 商品名:ダイキャスト ミニカー
発注番号:DG-31 各\250 発注番号:DG-32 各\250 発注番号:DG-33 各\250
備考:☆サーブ 9.5 エアロ(上段左)
    ☆サーブ 9.3 バージン(上段中)
    ☆レクサス GS300(上段右)
    ☆ベンツ CLK320(下段左)
    ☆ポルシェ 911クーペ(下段中)
    ☆ポルシェ 911GT2(下段右)
備考:☆ワーゲン ビートル カブリオレ(上段左)
    ☆MGB コンバーチブル(上段中)
    ☆BMW Z ロードスター(上段右)
    ☆ポルシェ 550A スパイダー(下段左)
    ☆ポルシェ 911カブリオレ(下段右)
備考:☆ベンツ ML320(上段左)
    ☆トヨタ RAV4(上段中)
    ☆ベンツ A140(上段右)
    ☆フォルクスワーゲン ビートル(下段左)
    ☆レクサス RX300(下段右)
【冒険の国】の他シリーズヘ移動:【国について】・情景船舶航空機機関車自動車A戦闘車キャラクターラジコン
                    部品その他リアルフィギュアガシャポンキャラクターグッズエアガンガン用品冒険用品
トミカについて




















トミカはその第一号である「ブルーバードSSSクーペ」が1970年(昭和45年)8月に発売されて以来、
30年を超える歴史を持っています。
第二号が「コロナマークU」、三号「トヨペットクラウン」、四号「クラウンパトカー」、五号「トヨタ2000GT」、
六号「フェアレディZ」と続く車名をたどって行きますと、私たちがその時々に触れた風景であり、経済で
あり、余暇であり、自己の所有車であり、憧れの車であったりします。
そういう意味ではミニカーも過去の体験を蘇らせてくれる情景模型の一種であるとも言えます。
 わたしたち宝島では「トミカ」は特別の思い入れのある商品です。
「宝島の紹介」でも触れましたとおり、創業当初はミニカー、スーパーカーが大変人気の商品でした。
来店してもらった子どもたちは、私たちよりもはるかに、車名や形状その他について詳しいことに自信を
無くした事も有ります。
トミカは発売当初は180円でしたが、昭和50年代前半でも240円と大変手ごろな価格でした。
人気商品が好きなだけ手に入ると「蔵が建つ」と言われた時代で、なかなか商品の調達が難しく、一日の
売上がトミカ1台のみという日も何日間かあり、その度にトミカに感謝した記憶があります。
 ある支店の開店オープニングセールで、私たちが「流行に左右されず、最も喜ばれるであろう商品」として、
「トミカ定価240円を180円」とチラシ広告したところ、ある仕入先から、「近くの販売店よりクレームが入って
いる。 このまま続けられると商品を卸すことが出来なくなる」という連絡が入り、急遽中止したこともあります。
(ただし、この程度でメーカーが介入することは全くありません、これは卸売問屋とそれに関わる小売店との
仕入量の差、すなわち流通上の力関係です)
 その後もトミカはいつも宝島の正面でお客様を待ち続け、時代の流れを見続けています。
 ここで、メーカー希望小売価格(定価)と再販制度について、小売店の側から、ほんの少し意見を言って
みたいと思います。
私達小売店や問屋はメーカー生産者と消費者ユーザーの流通段階の中間点に位置し、その製品と同時に
趣味・嗜好や生活に関する情報を提案・提供することが役割として課せられています。
もちろん、大量生産(海外生産含む)・大量消費による低価格志向も大切な要素として否定しません。
しかし、そのことを極端に追求しすぎると、結果として、消費者の選択肢を大きく狭めていくというマイナスの
側面も、玩具という商品が嗜好性の強い商品だけに、ある程度は理解していただけると思います。
幸いにしてトミカはこの手頃な価格と品揃え、実績により私達のような弱小の小売店でも、その気になれば
いつでも品揃えすることが可能ですが、高額で流行の商品の場合は完全品揃えは難しくなります。
ひとつには、メーカーの受注生産体制への移行があります。 これはメーカーとしては在庫リスクの軽減と
ともに、海外生産がやりやすくなる事等から、当然その方向にシフトダウンすることは考えられますが、
小売店側としてはその受注数量とセットでの受注が問題となります。  小売店の鉄則は規模を問わず
「1つ売れたら1つ入れる」と言うことです。 この間のメーカーとの流通在庫の調整機能を果たしてもらえる
ところが卸売り問屋です。  従来はこのようなダムに似た機能がうまく働き、よほどの商品以外は適度に
流通していました。 ところが、受注生産方式になると、当然チェーン店、大規模店は発注数量の点でセット
での発注が可能であり、必然的に問屋機能のウェートが少なくなり、価格面での優位性が保たれます。 
しかし、半面、小売店と言うものはお客様の最前線に立ち、反応が見極められることが生き甲斐であるだけに、
「新しいものは一度置いてみてお客様の反応を見てみたい」と思うのが常です。 従って1個または最低数量
は置いてみようという心理が強く、このような心理が小規模な小売店をふくめて全国小売店に流通されれば、
メーカーにおける当初の金型代ぐらいは回収できるのではないかと思われますが、いかがでしょうか? 
 それにより、開発当初より絶対的に市場に受入れられる可能性のある商品のみではなく、B・Cランクの商品
も豊富に出回ることにより、多様な消費者の選択肢が拡がることを期待したいと思います。
もうひとつは、流通のWEBであり、ダムであり、多様な生態系を保つべき淀である、問屋・小売業のこれ以上
の減少をなんとしても防ぐことです。  これは、上記と重複しますが、メーカーにとっても、流通のスムーズな
流れにとっても、さらに消費者利益(価格面ではなく)にとっても、商品の豊富さ、すなわち豊富な生活情報の
提案という点で無くてはならないものと考えます。