店頭在庫商品は絶えず変化しますので、ここに掲載しました商品は一例として見て下さい。  
【夢の国】各シリーズへ移動:純文具ファンシーグッズ女児玩具アイドルグッズバーティ用品夢について
発売元:クラックス サイズ 発売元:サンエックス B6サイズ 発売元:クラックス B6サイズ
品名:交 換 ノ ー ト 品名:交 換 ノ ー ト 品名:交 換 ノ ー ト
発注番号:FB−01 各¥180 発注番号:FB−02 各¥160 発注番号:FB−03 ¥160
備考:感謝状、生徒手帳など 備考:みっこぐらし、マカロンキッズなど 備考:子供銀行、猫の言いなりなど
発売元:クラックス他 A5サイズ 発売元:カミオジャパン A5サイズ 発売元:サンリオ A5サイズ
品名:連 絡 ノ ー ト 品名: 連 絡 ノ ー ト 品名:連 絡 ノ ー ト
発注番号:FB−04 各¥150 発注番号:FB−05 各¥200 発注番号:FB−06 各¥200
備考:ベビーグレートキッズ、ションボリアザラシなど 備考:ドナルドダック、チップとデールなど 備考:30枚60日分、
 
発売元:マインドウェーブ B5サイズ 発売元:クラックス A5サイズ 発売元:サンエックス B5サイズ
品名:連 絡 ノ ー ト  品名:連 絡 ノ ー ト 品名:連 絡 ノ ー ト
発注番号:FB−07 各¥220 発注番号:FB−08 各¥150 発注番号:FB−09 各¥170
備考:28枚56日分 クタクタイム、ニャンマーチ なと゛ 備考:32枚64日分 ラクガキ、ハッピーカフェ 等 備考:タテ罫11行、10行
発売元:デザインフィル  A5サイズ 発売元:ショーワノート 発売元:クラックス B5サイズ
品名:A5サイズ 柄ノート
      26段普通ノート
品名:Jリーグ (イ)リングノート
    (ロ)サインペン  (ハ)
PPペンケース
品名:B 罫 サッカー柄ノート
     34段普通ノート2009 JFA
発注番号:FB−10 各¥400 発注番号:FB−11 各¥400 発注番号:FB−12 各¥200
備考:ボトル柄、オーム柄など 備考:Jリーグ発足当初のチーム名各種
     
Jリーグオフィシャル
備考:2009 JFAオフィシャル
発売元:クーリア他 B6サイズ 発売元:マインドウェーブ他 B6サイズ 発売元:クラックス B7サイズ
品名:ファンシィ柄レターセット 品名:ファンシィ柄レターセット 品名:ファンシィ柄レターセット
発注番号:FB−13 各¥400 発注番号:FB−14 各¥130 発注番号:FB−15 各¥200
備考:便箋20枚、封筒10枚、 備考:便箋10枚、封筒5枚、シート1枚 備考:便箋20枚、封筒10枚、
発売元::クラックス他 B8サイズ 発売元:クラックス他 A6サイズ 発売元::クラックス他 A6サイズ
品名:各種プチ メモノート 品名:各種ミニ メモノート 品名:各種ミニ メモノート
発注番号:FB−16 各¥100 発注番号:FB−17 各¥280 発注番号:FB−18 各¥280
備考:2パターン、90シート 備考:6〜8パターン、100〜144シート 備考:5〜8パターン、100〜144シート
 
発売元:クラックス他  A6サイズ 発売元:サカモトCO  B7サイズ  発売元:サカモトCO B8サイズ 
品名:各種ミニ メモノート
  店頭在庫商品は絶えず変化します
品名:パロディ メモ
   (イ)胃薬  (ロ)総合メモ薬
品名:パロディ メモ
   (イ)目薬 (ロ)アイクール
発注番号:FB−19   各¥300 発注番号:FB−20   各¥250 発注番号:FB−21   各¥250
備考:6〜8パターン、100〜144シート 備考:薬ではありません、メモです。 備考:目薬ではありません、メモです。
発売元:   B5サイズ 発売元:ショウワノート他   B5サイズ  発売元:ショウワノート  B5サイズ 
品名:さよなら銀河鉄道999 下敷き  品名:各種キャラクター柄 下敷き   品名:各種キャラクター柄 下敷き 
発注番号:FB−22    発注番号:FB−23   各¥250 発注番号:FB−24  各¥250 
備考:イ、メーテル&999  ロ、キャプテン・ハーロック
    ハ、星野鉄郎&999  ニ、メーテル 
  
備考:店頭在庫商品の柄は
    絶えず変化します
備考:店頭在庫商品の柄は
    絶えず変化します
発売元:クラックス他 HB・2B 発売元:クーリア他 HB・2B 発売元:クーリア他
品名:ファンシイえんぴつ 品名:ファンシィえんぴつ  品名:ファンシィ 赤・黒両用えんぴつ
発注番号:FB−25 ¥80〜100 発注番号:FB−26 ¥60 発注番号:FB−27 ¥60〜80
備考:店頭在庫商品の柄は
    絶えず変化します
備考:店頭在庫商品の柄は
    絶えず変化します
備考:店頭在庫商品の柄は
    絶えず変化します
発売元:イワコー 3才以上用 発売元:イワコー 3才以上用 発売元:イワコー 3才以上用
品名:各種スナック 消しゴム 品名:各種ランチ 消しゴム 品名:各種動物 消しゴム
発注番号:FB−28 各¥50 発注番号:FB−29 各¥50 発注番号:FB−30 各¥50
備考:対象年齢は誤飲食の危険のため 備考:対象年齢は誤飲食の危険のため 備考:対象年齢は誤飲食の危険のため
発売元:イワコー 3才以上用 発売元:イワコー 3才以上用 発売元:イワコー 3才以上用
品名:消しゴムセット (イ)果物
    (ロ)野菜バスケット  (ハ)
野菜
品名:消しゴムセット (イ)スウィーツ
    (ロ)あんみつ  (ハ)ケーキ
品名:消しゴムセット (イ)中華
    (ロ)お料理  (ハ)お食事
発注番号:FB−31 各¥350 発注番号:FB−32 各¥440 発注番号:FB−33 各¥440
備考:対象年齢は誤飲食の危険のため 備考:対象年齢は誤飲食の危険のため 備考:対象年齢は誤飲食の危険のため
 
発売元:イワコー   3才以上用 発売元:イワコー   3才以上用 発売元:イワコー   3才以上用
品名:消しゴムセット (イ)森のなかま
     (ロ)恐竜  (ハ)サファリ
 
品名:消しゴムセット (イ)乗物ランド
    (ロ)トレーラーセット  (ハ)緊急車両
 
品名:消しゴムセット (イ)野球
    (ロ)富士山と神社  (ハ)乗物
発注番号:FB−34   各¥440 発注番号:FB−35  各¥440  発注番号:FB−36  各¥440 
備考:対象年齢は誤飲食の危険のため  備考:対象年齢は誤飲食の危険のため 備考:対象年齢は誤飲食の危険のため 
発売元:アズプロダクト 3点セット 発売元:アズプロダクト 3点セット 発売元:ヒノデワシ他 3才以上用
品名:大阪みやげ 消しゴム
    (イ)御堂筋弁当 (ロ)王将
品名:神戸みやげ 消しゴム
    (イ)播磨王 (ロ)肉めし
品名:消しゴム(イ)コーラ (ロ)ミント
   (ハ)まぜねり  (ニ)ケーキ
発注番号:FB−37 各¥300 発注番号:FB−38 各¥300 発注番号:FB−39 各¥120
備考:消しゴム大判2個、メモ、鉛筆セット 備考:消しゴム大判2個、メモ、鉛筆セット 備考:対象年齢は誤飲食の危険のため 
 
発売元:ヒロイチ  6才以上用 発売元:ヒノデワシ   発売元:マインドウェーブ  10柄 
品名:ほにゅう瓶びん入ミニミニ消しゴム 品名:消しゴム(イ)ペプシ赤 (ロ)ペプシ ブ 品名:デザイン ミニテープ 
発注番号:FB−40  ¥100  発注番号:FB−41   各¥100 発注番号:FB−42  各¥100 
備考:対象年齢は誤飲食の危険のため 備考:年代物につき消し能力は疑問です。 備考:15mm×20m 
発売元:クラックス他 発売元:クーリア他 発売元:
品名:各種ペンポーチ 品名:各種ペンポーチ 品名:各種キャラクターペンポーチ
発注番号:FB−43 ¥880 発注番号:FB−44 ¥1,300 発注番号:FB−45 ¥500
備考:店頭在庫商品の柄は
    絶えず変化します
備考:店頭在庫商品の柄は
    絶えず変化します
備考:店頭在庫商品の柄は
    絶えず変化します
【夢の国】各シリーズへ移動:純文具ファンシーグッズ女児玩具アイドルグッズバーティ用品夢について
キャラクターの歴史について




















































 私達人類は遠い昔太古の時代から生活の足跡を多く遺して来ました。 まだ毎日を物理的に生き抜くことが大変であった時代にも、明らかにその精神生活を象徴するような遺物が多く見受けられます。 それが、自然や父祖にまつわる宗教的なものであったり、自分の身の回りにある身近なものであったり、あるいは自身の生活そのものを描いたものであったりしますが、そこには毎日の衣食住という現実世界と共に、自然、父祖への畏敬、自身の夢や願望・同化などの精神世界があり、当時を考察するうえで考古学者を大変悩ませます。
 しかし、それがどうやら人類の本質であるらしく、その後もこの精神生活を象徴する遺産は絶えることなく遺されてきました。
 この事は私達人類は、ただ物理的に生きる事のみが許された存在ではなく、精神的な別空間が同時に存在し、それが「時を前後」させたり、「場所を瞬時に移動」したり、「夢や欲望を満足」させてくれたりする、大変便利なバーチャル空間を併せ持つ事によって、その生活を進歩させ、調和させ、また時には悩ませて来たとも言えます。
 「キャラクター」を辞典より直訳すると、@性格、性質、人格 A小説や劇の中の人物 B文字、記号とあります。
キャラクター(Character)の語源はもともとギリシャ語で他と区別するためにつける「印(しるし)」のことを意味し、私たちが通常「あの人は明るいキャラクターである」とか「翔んでるキャラクター」とか表現するのは、他の人と違う性格や行動様式を表したもので、その意味では現実世界または多少フィクションは入ったとしてもせいぜい劇中の登場人物を指したものをキャラクターと受け取っておりましたが、最近(ここ20〜30年)になって「キャラクター」というと漫画やアニメに登場する人物、もしくは擬人化された登場者を指すようになることが多くなりました。 私達もこれらの登場者を一括して「キャラクター」と呼ぶ以外に適当な言葉が思い当りません。  それほど現代の我国では、フィクションの「キャラクター」が一般化し、老若男女を問わず広く生活の中に浸透していると言うことです。
 玩具や文具を含む生活雑貨から食品、電車から旅客機に至るまで、私達の周りには「キャラクター」が満ち溢れております。 これが何を意味するのかは明らかで、太古の生活から引き継がれてきた精神生活の一部であると言うことは理解できますが、では現代の生活の中での精神生活とどのように関わってくるのでしょうか? 
 ある意味では昔と変わらず、同化や象徴、願望などの対象として「キャラクター」をとらえ、アニメのヒーローが数多く登場しましたが、一方「ハローキティ」「ゴマちゃん」「たれパンダ」等に代表されるような「癒し系キャラ」に分類される、いわゆる「無表情キャラ」といわれる表情の無い、したがって自分に必要が無い時以外はただそばにいて見守ってくれているだけで安心できるというキャラクターが学校や会社、さらには家庭や友人との関係に何らかのストレスを感じる人達により強く受け入れられているようです。
 次に現代に登場した、主として商業用のキャラクターの代表的なものを年代順に列記(名前のみ)します。
1893年 
ピーター・ラビット(ビアトリクス・ポター作)
1909年 
キユーピー(ローズ・オニール作)
1919年 フィリックス・ザ・キャット(映画登場、新聞連載は1923年)
1926年 
くまのプーさん(アラン・アレクサンダー・ミルン作)
1928年 
ミッキー・マウス(ウォルト・ディズニー作)
1930年 ベティ・ブープ(フライシャー兄弟作)
1931年 のらくろ(田河泡水作)
1934年 
ドナルド・ダック(ウォルト・ディズニー作)
1939年 ムーミン(トーベ・ヤンソン作)
1940年 トムとジェリー(ウィリアム・ハンナ&ジョセフ・バーベラ作)  ピノキオ(ウォルト・ディズニー作)
1941年 ダンボ(ウォルト・ディズニー作)
1943年 星の王子さま(サン・テグジュペリ作) チップとデール(ウォルト・ディズニー作)
1945年 
きかんしゃトーマス(W・オードリー作)                          太平洋戦争終結
1949年 
スヌーピー(チャールズ・シュルツ作) 黄金バット 月光仮面 新宝島(手塚治虫作)
1950年 ジャングル大帝レオ(手塚治虫作) 白雪姫(ウォルト・ディズニー作)
1951年 鉄腕アトム(手塚治虫作) 不思議の国のアリス(ウォルト・ディズニー作)
1953年 リボンの騎士 ピーターパン                              
  テレビ放送開始
1954年 ゲゲゲの鬼太郎(水木しげる作)
1955年 ミッフィ(ディック・ブルーナより出版) 鉄人28号
1960年 ダッコちゃん大流行(佐藤ビニール工業=タカラ)
1961年 101匹わんちゃん(ドティー・スミス作)                     
テレビ普及台数1000万台
1966年 
ウルトラマン(バンダイ)がテレビドラマ「ウルトラQ」でデビュー      1964年東京オリンピック
1967年 リカちゃん(タカラ)発売 ルパン3世
1968年 
アンパンマン童話に登場(絵本は1973年に登場)              1969年アポロ11号月面着陸
1970年 
ドラえもん学習雑誌に登場
1971年 
ドクタースランプあられちゃん仮面ライダー テレビアニメ放映開始
1972年 デビルマン、ガッチャマン、パンダコパンダ、ベルサイユのバラ、マジンガーZ   
パンダ上野動物園
1973年 
キューティハニー、ドロロンえん魔くん                     オイルショック→低成長時代
1974年 
ハローキティがサンリオの初代キャラクターとして登場、モンチッチ(セキグチ)
1975年 
リトルツィンスターズ(キキ・ララ)(サンリオ)、マイメロディ(サンリオ)、フランダースの犬
      秘密戦隊ゴレンジャー 以後戦隊シリーズ
1976年 パティ&ジミー(サンリオ)  
キャンディ・キャンディ およげ!たいやきくん大ヒット
1977年 
スターウォーズ 宇宙戦艦ヤマト 映画公開                     トイランド宝島 開店
      あらいぐまラスカル(スターリング・ノース作)
1978年 銀河鉄道999 うる星やつら スノーマン タキシードサム 少年コナン
      
機動戦士ガンダム テレビアニメ放送開始                     ピンクレディ大ヒット
1981年 なめ猫大ブーム
1983年 タマ&フレンズ 
マリオブラザーズ 北斗の拳                    ファミコン発売
1984年 風の谷のナウシカ
1986年 ピングー(オットマー・グットマン作) ちびまる子ちゃん               
ドラゴンクェスト発売
1987年 ピニームー けろけろけろっぴ 
聖闘士聖矢 チョコボ(ファイナルファンタジーキャラ)
1988年 となりのトトロ 映画公開
1989年 
ドラゴンボールZ テレビアニメ放映開始 魔女の宅急便 映画公開       年号平成に改元
1992年 
セーラムーン 星のカービィ                               バブル経済崩壊
1995年 トイストーリー 初のCGアニメとして公開                       
阪神淡路大震災
1996年 
ポケットモンスター(ゲームボーイソフト) たまごっち
1997年 もののけ姫 
ワンピース とっとこハム太郎
1998年 ファービー どーもくん 
たれぱんだ おじゃる丸 コロコロクリリン 遊戯王 モーニング娘ヒット
1999年 だんご3兄弟 アフロ犬                                 
宝島電脳店 開店
2001年 千と千尋の神隠し 
こげぱん ハリーポッターと賢者の石              携帯電話1000万人
2002年 チーズ一家 なごみまくり お茶犬
2003年 
デュエル・マスターズ
  キャラクターをリストアップしてあらためて感じることは、私達宝島が扱ってきた商品そのものの様な気がします。
 過去それを手にされた人達はこれらの「キャラクター」とどのような関わりを持たれたのでしょうか?
その答えはおそらく返ってこないと思います。 なぜならば前記したとおりキャラクターとの関わりは多分に精神的なものであり、意識下に属することが多いと思われるからです。 ただ言える事はその時々に選ばれたキャラクター達がその瞬間は選定者と精神的に共存していたであろう事は容易に想像できます。  この事は今後もキャラクターの使命として継続されるでしょうし、キャラクターを「マーク=印」の簡素なものから発展させ、カラーに、動画に、さらには物語をつけた性格づけをほどこしてより深く人の心の中に浸透を図って来た作り手がその時代背景とともに最も留意するところであると思われます。  商業用キャラクターは大量生産、大量消費が宿命付けられている事から、その時々の多くの人達から受け入れられる普遍性を持ちますが、反面では個々の人達の個人的ニーズにフィットするかと言うと、これは限界があります。 仲間としてのソーシャルシンボルとしてまた、外面的な個性の表現としてはなっても、個々の精神生活の対象相手とはなりにくいという性質を持ち合せます。 そこに商業用キャラクターの流行に左右される短命化があり、比較的個性に合せやすい「無表情キャラ」のある意味での存在感があります。 そう考えてくると「商業用キャラクター」は初期の絵本や童話から少しづつ時間をかけて人々の心の中に浸透していった時代から、雑誌やテレビ映画を通じてマスコミュニケーションされた時代を経て、「癒し」を模索しています。 「マスプロ」が「個々の癒し」に対応するためには「可変」が必要となってきます。 色・形・衣装・動作のみならず、役割(神仏、両親、兄弟、友人、ペット、奴隷等)の可変性も兼ね備えるキャラクターが現れるかもしれません。