夢=願 望・希 望 夢=眠 る・朧 気
オーストリア帝国ハプスブルグ家歴代の夢、
シェーンブルン宮殿はマリア・テレジアによって
世界の人々が訪れる夢の宮殿になり
ました。 そこには時代が可能となった
世界の文物を集め、自分達のヨーロッパ
文化に優しく溶け込ませようとする試み
がありました。

他のシリーズへ移動 : 【経営理念】 【21世紀の課題】 【メッセージ】 【都市の変化】 【国について
菓子の歴史】 【未来について】 【季節を先取り】 【生命の歴史】 【ファンシー文具】【アイドルグッズ

  宝島はの5つの国から成立っています。
 この中で、なんとなくイメージは解るが、一番バクゼンとしていて、その実「つかみ所がない」のが
 《夢の国》ではないでしょうか。
 それは「夢」と言われるもの自体が、睡眠時の仮想体験であったり、将来の目標であったり、理想で
あったり、願望であったりして、人それぞれに違う定義やイメージが持たれている事にもよるでしょう。
 なおかつ、浅い眠り(レム睡眠)時に見る夢は多少思い出す事ができるが、それを記憶し
 ている部分と、覚醒時に記憶する部分が大脳の同じ部分であるため、起きてしばらくする
 と夢の内容がバクゼンとして思い出されないと言う事と、いわゆる今後未来のバクゼンと
 した
「夢=希望・願望」との類似点があると言うことでイメージ的に混同されている部分も
、日本語の世界では特にあるように思われます。
  私達、宝島では創業当初より5つの国のコーナー分けを行っており、それぞれのコーナーに看板を
下げております。 それを見て納得や疑問などさまざまな会話が交わされますが、「
《夢の国》ってなに
という質問を受けたことは一度もありません。
それだけ「夢」という言葉は曖昧モコとしてはいるが、それぞれの人が、それぞれに納得できる不思議
な言葉のようです。
  宝島のような不特定多数のお客様が来られるようなお店では、そのそれぞれの人によって「夢」
対する受取り方や感じ方が違うのは当たり前ですし、ちょっと伸ばせば適えることが出来る小さな
願望
「夢」の一つである一方で、現実にありえないものを思い描く「ファンシー」 (空想的・幻想的・装飾的
・説話的・気まぐれなどを表現するかなり曖昧な形容詞) の要素も「夢」の一つであり、それらの要素が
店内に渾然一体となっていることが望まれます。
しかし、「夢」が将来実現したい大きな目標であったり、願望であったりした場合は出来るだけ具体的
あるほうがより目標に近づくことは言うまでもありません。
そこで、「夢」というものについてもう少し考えてみたいと思います。
生 理 的 な 夢 (ナイト メア)
 よく使われる言葉で、「夢のような」とか「夢中」「初夢」などがありますが、宝島の にもこの
ニュアンスは含まれておりますので、多少触れておきます。
 人間が夢をよく見るのは、浅い眠り(レム睡眠)の時が圧倒的に多く、睡眠中は「浅い眠り」と「深い眠り」
(ノンレム睡眠)を繰返しています。
浅い眠りのレム睡眠の時、脳は活動しているので、はっきりとした「夢」を見ます。
 「夢」の内容を記憶するのは大脳で、通常の起きている時の「体験の記憶」と同じ領域にあり、「夢」
記憶している能力は極めて低く、短時間で消えてしまうという特徴があります。 したがって起きてしまうと、
どんな夢を見ていたのか忘れてしまうことが多く、
「夢の内容」を分析していくと、眠る前24時間以内か、
長くて数日以内の出来事に関わることがほとんどで、ドイツの心理学者フロイトによると、日常生活で考え
られないような
「夢の内容」も細かく分析してゆくと、日常生活のどこかに関連していると言われます。
 人間は眠りにつくとすぐ深い眠り(ノンレム睡眠)となり、2時間ほどして
浅い眠り(レム睡眠)に変ります。   通常(レム睡眠)は20分ほどしか
続かず、再び深い眠りに入り、これを一晩で4〜5回繰り返すと言われて
います。
  このように「生理的な夢(ナイト・メア)」は深層心理に関する
ことが多く、普段意識されない曖昧モコとした もので、次に出てきます、
将来の希望や願望(ドリーム)「達成目標」といった定義と同じ言葉で

結び付けられるのが何故かがはっきりしません。
ただ、年初に見る夢で、その1年間の吉凶を占う「初夢」や、古代より神事や
風習で、身辺を整えて心静かに眠りに入ると
「良い夢」が見られたと言う伝承
などとが、
共に「未だ見ぬ将来に対する漠然とした願望」という点で同義語と
解釈されたのではないでしょうか。

将来の達成目標や願望(ドリーム)    
将来に対する「希望や願望」、さらにそれをもう少し具体的にした「達成目標」は、人間にとって
努力して先に進むためのエネルギーとなりますが、これも大変バクゼンとしていて、人によって、
また、年齢、性別によって多種多様です。

 「ちょっとの努力で叶えられる夢」もあれば「一生をかけて叶えたい夢」「叶わぬ夢」「遠い夢」
「近い夢」
共通しているのは今後「この様であったら」または「このように出来たら」などの願望
でしょうが、
「叶わぬ夢=実現不可能=空想」を無益なものとして「夢の定義」からひとまず外す
人はビジネス界を中心にして多くあります。
しかし、この「夢想」も人の思考要素の大切な部分であり、「魅力的で、非現実的な夢」を持つことが出来る
ために、先人たちは様々な苦労を重ね、その夢を現実のものにしました。
 ここに一つの例として、トーマス・エジソンのあまりにも有名な言葉がありますので、載せておきます。
 これまで同僚の研究者をたくさん見てきましたが、壁にぶち当たると
   皆いとも簡単に
諦めてしまうのが常である。 しかし私は自分の求め
   ているものが
得られるまで、決して諦める事はなかった。
   99回の失敗の後にようやく1回の成功が得られるのが普通である。


アメリカの科学者ロバート・フリッツが次のように言っています。
 「出来そうだとか、丁度良いと思うものの中だけから選んでいると
    本当に欲しいものを
見失い、妥協だけが残ることになる。」
IBM創業者トーマス・J・ワトソン・シニア
 早く成功したいなら失敗を二倍の速度で経験することだ。 
   
成功は失敗の向こう側にあるのだから
もうひとつ、京セラの稲盛和夫会長は次のように言われています。
 「状況の奴隷になってしまうと、状況が悪いことを理解し、自分の夢が非現実的
   であった
という結論を出すだけになってしまいます。 
   しかし強い願望を持っている人は、
問題を解決するために創意工夫と努力を
   はじめ、目的に到達するまで、決してあきらめないのです。 つまり、目的に
   向って進んでいく人、挫折を重ねていく人、そして、
だらだらと一生を終えて
   しまう人の一番大きな差は、この願望の強さなのです。
「暮らしの手帳」の編集者森安治は次のように残しております。
 青春は待たずにいきなりやってきて胸をしめつけ、わびしく、苦しく、さわがしく、
   気がつけば、もう一気に過ぎ去っていて、遠ざかる月日の長さだけ、
   悔いとうらやみを残していく。

とは言っても、私達大衆社会に生きる人間は、基本的に一つの生き方しか
出来ず、自分ひとりで知ることが出来る生き方には限度があります。
しかし、「本」の中には書き手の違った人生があります。
 私達は本等を通じて、いろいろなことを
「仮想体験」しながら「将来の夢」
を産み育てます。 
仮想体験と言う点では、私達の関わる
「玩具・ホビー・ファンシィ雑貨」関係
でも
「遊び」を通じて「バーチャル体験が出来るという要素も重要な商品
ファクターとして兼ね備えております。
その意味では、本とはまた違った媒体として、「模擬体験媒体」として、特に

「無数にある夢」
の取捨選択のプロセスには欠かせないものと考えます。
宝 島 で の 夢 体 験
 私達宝島ではお子様達の将来に関わる「大きな夢」のきっかけになる様な事は出来ません。 特に小・
中学生の場合、
「将来の夢」は普段ほとんど意識されていないようです。 時おり来店者に体験程度に
クレペリンテスト・職業興味テスト・職業適性テストなどをしてもらった事もありますが、その興味の方向は
TVや雑誌の娯楽番組に向いているようです。 ところが、高校生になると、アルバイト等で社会とのつな
がりが出て来るからでしょうか、かなり具体性のある夢に近づいているようです。
 たしかに「空想」「ちょっとしたやりたい事」は夢とは言わない、といった意見もあります。  私たちも
子どもたちを通じて、普段それを実感します。
 ただ、前記のように一人の人間が体験できることには限界
があり、それを補うものとして、作者の
思想を含む体験が織り込まれた「本」による体験や、「遊びを通じて
の模擬体験」
により、子供達の「一人一人の夢」が一つづつ皮がむけて、現実的なものになって行く(すぐ
に手が届くという意味で
はなく)ような気がします。
このプロセスで子供達の純真さが失われるとか、「大きな夢」が無くなるとかの心配が出てくるでしょうが、
実際には
「夢・ドリーム」と言うものは、実体験ではなく、思考上の体験であるため、完全に消失してしまう
ものではなく、いつか適合する場や時期がきたら
蘇ることは、そう難しいことではありません。
 私達、宝島ではこの「模擬体験」という点でお客様の「夢」と関わってくるのですが、これは、この「夢の国」
のみではなく、「冒険の国」「未来の国」「希望の国」の多くの部分でも同じです。
「夢の国」では「ちょっと幸せ」という「日常の身近な夢」を体験してもらうことをテーマにしました。

他のシリーズへ移動 : 【経営理念】 【21世紀の課題】 【メッセージ】 【都市の変化】 【国について
菓子の歴史】 【未来について】 【季節を先取り】【生命の歴史】 【ファンシー文具】【アイドルグッズ